広尾ガーデンヒルズの中古物件を売る前に不動産に関する税金を知って、対応しましょう

不動産には様々な税金があるので、今回はどのような税金があるのかを述べていこうと思います。
一般に有名なのは、不動産取得税と相続税・贈与税 でしょう。
まず不動産取得税は、土地や住宅の3パーセントが税金になり、また非住宅用の建物は4%になります。
つまり評価額が1000万円なら、前者が30万で後者が40万円という事です。
ただし、特例措置いうものがあって、新築住宅の取得の場合は、ある程度の大きさまでなら、1戸につき1200万円まで控除されますし、中古住宅は若干額は違いますがあります。

新築で土地2000万円で、建物2000万円ならば、土地の税金は60万円で、住宅の税金が24万円という計算になります。
次に相続税ですが、これには定額控除額の3000万円と、法定相続人が1人増えるたびに600万円の控除があります。
ですからそれらを引いた額で税金を計算する事になります。
また、贈与税にも複雑な控除がありますから、自分が該当するのかを確認したうえで、税金を納めましょう。
次に、土地の売買において土地の権利の登記は必要不可欠なものですが、それにかかる税金が登録免許税です。
不動産の所有権の権利移転の場合は評価額の1000分の20必要で、建物の登記の場合は評価額の1000分の4必要となります。
この計算をする際に、800円ならば、1000円と計算して、125852円となっている場合には、100未満の端数は切り捨てて、125000円とするのが基本になっています。

また、印紙税というのも忘れてはいけません。
これは書類などに貼り付けるもので、取引の値段によって額が変わってきます。
例えば譲渡の場合額の設定が10万円未満なら200円ですし、最大の50億円以上だと60万円必要になっています。
例えば、広尾ガーデンヒルズ等、30年前から徐々に価格が上がっているような物件に関しては注意が必要です⇒ここ数年広尾ガーデンヒルズの売却価格が上昇しております

逆に契約金額のない契約書ですと、1通につき200円となっているのも見逃せないところです。

また、売買代金による受領書の場合も若干変わっており、100万円以下で200円となっており、10億円以上で20万となっていて、土地を動かすというのは、様々な税金がかかるという事をご理解いただけたのではないのでしょうか。
このように不動産の税金はたくさん種類があって、ある程度の計算が必要です。

inbes

確かに少し難解と思われがちですが、しかし、しっかりと知りさえすれば、本当に得な売買かもわかりますし、正しい取引が出来ると思いますからしっかり理解し日々の取引に生かしてください。

Comments are closed.