今ある不動産の活用を考えてみる

一般のサラリーマンなどからすると、よほど郊外の資産価値の低い物件でないと今から不動産を購入するというのはかなり大変なことです。
それだけに親から土地を譲り受けたり、まだそれほど不動産価格が高騰していないエリアでうまく取得できているのなら、その土地を所有できていることに対するありがたみをまずは実感するべきです。
土地を取得していると、固定資産税など税金も納めなくてはなりません。
またその管理面に面倒さも感じることも時にはあります。
しかしそう容易くは土地を取得できないですし、仮に取得できるとしても長期のローンを組まなければならないわけですから、不動産の取得はハードルの高いことです。
住居以外の土地を所有していると、その土地について頭を悩ますことにもなります。
土地を持っていなければ悩むこともないわけで、不動産売却をして現金にしてしまおうと考えるかもしれません。
もちろん、ある程度高齢になり、土地を管理するのが大変になってきたり、将来の相続に備えるのならよくわかります。
しかしせっかく所有しているものを簡単に手放してしまうのはかなりもったいないことです。
むしろ有効活用することで、そこからさらに資産を産み出すことも考えられます。
土地の有効活用による資産形成はサラリーマンなどには到底できないことです。
せっかくチャンスがあるのなら、その機会を逃さずに資産形成を目指しましょう。
土地活用というとまずはアパート経営が基本となります。
住宅事情に恵まれた立地なら空室リスクもなく安定的な収入を確保することができるでしょう。
アパート経営を長期的に管理委託することで収入だけを受けとることもできるようになります。
またアパート経営には節税効果もあります。
アパート経営のように建物をたてるのは初期投資も必要になりますし、いざというときにすぐに土地を動かせなくなります。
そこで更地のままでできる月極め駐車場や時間貸し駐車場にすることを検討しましょう。
立地によって駐車場のニーズは異なりますので、どのような経営手法が向いているのかを選択しましょう。
いずれにしても、自ら管理をすると契約や施設の維持の責任など様々な心配事が付きまといます。
ノウハウを十分に持ち合わせている業者に任せてしまい、後はオーナーとして月々の収入を受けとるだけにするのが安心でしょう。
その物件のあるところや今後の計画に根差した長期の計画を立てるようにしましょう。

Comments are closed.