マイホームを購入する際の不動産の選択肢

マイホームを購入する際には、まず、不動産の種類から検討していく必要があります。
住宅向けの不動産には大きく一戸建てか、共同住宅かに分かれます。
一戸建ての場合は新築の注文住宅にするのか、既に出来上がっている建売住宅を選ぶのか、さらに中古の一戸建てを購入するのかを検討しなければなりません。
新築で一から建てる場合にはそのための土地も必要になります。
親や祖父母から承継した土地などを保有していない場合には、まずは土地探しから始めなければなりません。
土地の購入後にさらに新築住宅を建てる費用が必要になりますので、トータルで予算内に収められるよう探していく必要があります。
建売住宅の場合は一般的に土地付きでの分譲となります。
住宅街の中に1つ、2つと個別に売り出されることもありますが、よくあるケースは新しい宅地が開発され、複数の区画が一気に売り出されるケースです。
既に建物が建設されているスタイルと、宅地のみを分譲して一定のモデルプランの中から建てる住宅を選べるスタイルなどがあります。
新たに土地を購入して新築を建てるケースは通常、既存の地域に新たな住民として引っ越すことになりますが、区画分譲や建売の場合は周囲の住民も全て新しく引っ越してくる方が多く、新しい地域がそこから作られていきます。
中古の一戸建てを購入する場合は、広告や不動産会社などを通じて探すことになります。
新築より安い価格でマイホームが購入できるのが魅力で、マイホームを安く手に入れて、その分、リフォームに費用をかけ、自分たち好みの住宅にリニューアルすることも可能です。
なお、一戸建てのスタイルとしては1階のみの平屋、オーソドックスな2階建て、近年では鉄筋コンクリート造りによる耐震性や耐火性の強化ができ、狭い敷地でも居住スペースを確保できる3階建てなども人気となっています。
これに対して、共同住宅の場合は新築マンションまたは中古マンションがマイホーム購入の候補となります。
マンションにもよりますが、一戸建てが住宅街の一角に建てられるのに対し、マンションの中には駅の直ぐ近くや商業地区など通勤や生活に便利な場所にマイホームが得られるのも1つのメリットです。
鉄筋コンクリート造りのため、木造が主流の一戸建てに比べて耐震性や耐火性に強く、オートロックなどのセキュリティーも強化されています。
メンテナンスも個別に考える必要がなく、修繕計画などに従って行われるため、資産価値の維持もしやすい特徴があります。

不動産チェックでしっかり行いたい部屋の確認ポイント

不動産探しで必ず行うのが、物件の内見です。
該当物件に向かう間は、周辺の様子を確認して、どんな雰囲気のエリアなのかをチェックするはずです。
そして到着後は、まず外観が目に飛び込んできます。
賃貸であれば、外観のデザインのみをチェックするのみで十分だと思いますが、新築、そして、特にしっかりとチェックしたいのは中古住宅です。
デザインだけでなく、作りそのものをチェックする必要があるので、ある程度の時間を割いて確認したいところです。
そして室内に入りますと、本格的なお部屋チェックへと進んでいきます。
内見する目的として、一番大きなポイントとなるのが、このお部屋チェックです。
間取り図や写真で気になった物件ですが、直に目にすることは、その他の部分が色々と見えてくるはずです。
特に室内スペースは、外観や周辺環境以上に密接に関わる部分です。
ですから、室内チェックには時間の許す限り、時間を頂くようにしましょう。
まずは図面では伝わりきらない全体のイメージをチェックしましょう。
これは直感が大きな判断材料となりますが、これから毎日過ごすことを考えますと、この直感を大切にするのもありだと思われます。
その後は、物件情報に記載されている内容について、それが正しいのかを確認していきます。
記載内容に間違いはないのですが、イメージしていた物とは違っているという事も結構ありますので、ここでもイメージとのすり合わせは大きなポイントとなってきます。
そして次は、物件情報に記載されていない部分についてのチェックです。
まず一番にチェックしたい所は、日当たりの状況です。
物件情報には方角や窓の配置が記されていますが、実際にどれだけ日が差し込んでくるのか、陽が差し込むのに適した窓のサイズなのか、そしてどれだけ室内が明るくなるのか等を確認してください。
ちなみに、この日当たりについては、違う時間帯で複数回チェックすることをお勧めします。
前回とは別の時間帯でチェックすることで、陽の入り込み加減、室内の明るさの変化を確認することができます。
特定の時間帯だけを気に入ったとしても、それ以外の時間帯が気に入らないということにならないよう、できるだけ多くの内見をお願いしたいところです。
それ以外のチェックポイントとしては、内見されている方の生活スタイルにしたがって、見るべきポイントが変わってきます。
窓、バルコニーからの眺めを重視する人もいますし、水周りスペースの充実度を重視する方もいらっしゃいます。
このようなこだわりについて、それを十分満たすだけの条件が整っているかをチェックすることは、実は最も大事なことかもしれません。

気になる不動産を見つけたら早めに問い合わせを

賃貸住宅やマイホーム購入のための不動産を探していて、ネットや住宅情報誌などで希望の条件に近い物件や、気になる物件を見つけた場合には、早めに物件情報を掲載している不動産会社に問い合わせるのが賢明です。
分譲前の新築マンションなどを除き、直ぐに契約済みになってしまうことがあるからです。
新築マンションの場合も分譲が開始すると、人気物件は即完売になってしまったり、希望の階数や間取りの部屋が直ぐになくなる場合もあります。
一戸建ての建築の場合の土地や建売住宅や、中古の一戸建てや中古マンションの場合、それぞれ1点ものですので、それがなくなれば、何もかも同じ物件は二度と出てきません。
限定ものですので、なるべく早く問い合わせるのがベストです。
問い合わせをしたからといって、直ぐに購入しなければならないわけではありません。
そこから内覧や住宅ローンなどの返済計画の検討、売り主との価格交渉などが入りますので、検討の余裕はもらえるのが基本です。
もちろん、気になる物件を複数比較してその中から1つを選ぶこともできますし、いずれも選択しないこともできます。
こうした検討の時間や比較は、ネットの情報だけで行っていても、それを行っているうちに、他の第三者が物件を購入してしまうかもしれません。
ですが、問い合わせをして内覧をするなど、交渉のプロセスに入っておけば、第三者が現れた場合に情報が入ったり、相手の出方なども確認ができます。
それによって、欲しかったのに売約済みだったという残念な結果を回避することができます。
賃貸住宅の場合も同様で、1つ1つの物件は1点限定もので、気に入った部屋を逃してしまえば、位置も間取りも家賃もすっかり同じ部屋を借りることはできなくなります。
そのため、早めに問い合わせをして見学に行き、大家さんに交渉プロセスに入ったことをアピールするといいでしょう。
併せて申込金を差し入れることで、交渉権が確保できることもあります。
もっとも、売買に比べて賃貸は必要となる費用が小さいため、取引の流れにスピードがあります。
人気物件の場合、交渉プロセスに入っても、その直後に見学した人が申し込みをしてしまえば、こちらが待ったといっても止めることはできません。
先に契約したもの勝ちの世界ですので、早めの問い合わせと判断が大切になります。
なお、最初に問い合わせた物件が希望と異なったり、先を越された場合、また気になった物件を見つけてそれを掲載している不動産会社に連絡しなくても、共同の不動産流通システムを通じて紹介してくれますので、最初に問い合わせた不動産会社に引き続き物件探しのサポートをお願いすることも可能です。

ネットを使った効率よい不動産の調べ方

インターネットが世の中に普及してからは、不動産探しの方法も大きく変わってきました。
これまでは専門誌や新聞の折り込み広告、偶然通りかかったお店の店頭に張られている物件情報などが、探し方のメインでした。
しかしインターネットが普及してからは、不動産専門の情報サイトが誕生し、この方法を利用する人が増えていったのです。
取り扱い業者に話を聞いてみますと、やはりネットからの問い合わせが圧倒的に多い、と聞きます。
したがって現在の不動産探しは、ネットを、専門サイトをどれだけ使いこなせるかが鍵になってくると思われます。
では、具体的な調べ方を説明しておきましょう。
サイトに掲載されている物件は、驚くほどたくさんの数に上ります。
これを順にチェックしていっては、どんなに時間があっても対応しきれないでしょう。
そこでまず利用したいのは、検索機能です。
希望条件を検索機能にかけることで、その条件に該当する物件がヒットします。
例えば地域で検索をかけてみたり、最寄り駅から徒歩何分以内であってほしいのか、価格を条件に検索することで、容易に確認することができます。
更にこうしたサイトには、様々な機能が用意されています。
例えば、興味ある物件を登録しておくことで、これまで登録した物件を比較することができたり、価格の動向をチェックしたりすることができます。
また、お知らせ機能を使うことで、新着物件をいち早くチェックすることも可能です。
その際、希望条件を伝えておくことで、条件に見合った新着物件情報のみ届く形となりますので、これも効果的な方法と言えるでしょう。
そして意外と好評なのが、サイトに掲載されている不動産に関連した情報、コラムです。
いざ探し始めてみますと、初めて耳にする言葉、どうにも理解できない仕組みというものが出てくるはずです。
そういった分からない部分を解決してくれるこれらのコンテンツは、今後の物件探しの大いに役立ってくれるでしょう。
ネットを利用した物件探しは、他のサービスと同様、いつでも、どこでも自由な時間に調べることができる手段です。
そして今紹介した点に注意し、上手に活用していくことで、楽してお目当ての物件を探し当てる効果的な方法です。
ただしネット上には上げられていない、その他のチェックすべき点が幾つもあるでしょうから、気になる物件が見つかった時は、とりあえず取り扱っている不動産会社に問い合わせしてみることをお勧めいたします。

賃貸不動産の部屋探しで希望する条件に優先順位をつけよう

賃貸不動産に住み替えをする場合、どんな部屋に住みたいのか希望を整理する必要があります。
多彩な物件がある中で、地域をしぼって検索して1つずつ興味を引く物件を当たっていくのでは、いくら時間があっても足りません。
まずはどんな部屋に住みたいのかを書き出してみて、そのあと、絶対に譲れない条件と妥協できる条件を分け、さらに優先順位をつけていきましょう。
部屋探しにおいてスタートとなるのはエリアです。
通勤や通学をされる方は職場や学校に通える範囲でなければならず、その意味である程度エリアが絞り込まれます。
そのエリア内において、どのようなエリアを望むのか検討しましょう。
通勤や通学の利便性重視で家賃が多少高くても、職場や学校の最寄り駅から直ぐの駅や乗り継ぎなしでダイレクトに通えて所要時間が短いエリアを選ぶのか、それとも家賃の安さ重視で通勤や通学時間には目をつぶるのか考えましょう。
また、利便性重視なら駅近の物件で周囲にご自身が必要とするお店や飲食店などをはじめ、生活に便利な施設がそろっている地域を条件とするなど、生活環境も考えなければなりません。
駅から遠いほど家賃は安くなりますが、駅までバスなど交通は不便になることがあります。
次に部屋の広さや間取りも検討してみましょう。
独り暮らしのケースでもワンルーム、1K、キッチンダイニングと寝室を分けることができる1DKや1LDK、メゾネットタイプもありますし、トイレ・バスルーム別がいいのか同室でいいのかや、バスルームなしでシャワールームだけでもいいのか、和室がいいのか、フローリングがいいのかなどを考える必要があります。
他の条件が同じなら、間取りや平米数が広くなるほど、最新の住宅設備や人気の住宅環境が整っているほど家賃は高くなります。
そのほか、マンションやアパートなら階数はどうするか、オートロックやモニターセキュリティー体制が整ったほうがいいのかを考える必要があります。
女性の場合、治安面を考えれば1階より上階、エントランスとの二重ロックや管理人常駐などセキュリティー体制も万全のほうが安心です。
さらにペットを飼いたい方や飼っている方ならペット可、楽器演奏をしたいなら楽器可、友達や恋人とのシェアルームなどを考えるなら2人入居可などの条件もクリアしなければなりません。
希望を書き出したうえで、優先順位をつけ、譲れない条件を確認しながら絞り込みを行います。
ネットや賃貸住宅情報誌などで見つけにくい場合は、不動産会社のスタッフに条件を提示して探してもらうとスムーズです。

今ある不動産の活用を考えてみる

一般のサラリーマンなどからすると、よほど郊外の資産価値の低い物件でないと今から不動産を購入するというのはかなり大変なことです。
それだけに親から土地を譲り受けたり、まだそれほど不動産価格が高騰していないエリアでうまく取得できているのなら、その土地を所有できていることに対するありがたみをまずは実感するべきです。
土地を取得していると、固定資産税など税金も納めなくてはなりません。
またその管理面に面倒さも感じることも時にはあります。
しかしそう容易くは土地を取得できないですし、仮に取得できるとしても長期のローンを組まなければならないわけですから、不動産の取得はハードルの高いことです。
住居以外の土地を所有していると、その土地について頭を悩ますことにもなります。
土地を持っていなければ悩むこともないわけで、不動産売却をして現金にしてしまおうと考えるかもしれません。
もちろん、ある程度高齢になり、土地を管理するのが大変になってきたり、将来の相続に備えるのならよくわかります。
しかしせっかく所有しているものを簡単に手放してしまうのはかなりもったいないことです。
むしろ有効活用することで、そこからさらに資産を産み出すことも考えられます。
土地の有効活用による資産形成はサラリーマンなどには到底できないことです。
せっかくチャンスがあるのなら、その機会を逃さずに資産形成を目指しましょう。
土地活用というとまずはアパート経営が基本となります。
住宅事情に恵まれた立地なら空室リスクもなく安定的な収入を確保することができるでしょう。
アパート経営を長期的に管理委託することで収入だけを受けとることもできるようになります。
またアパート経営には節税効果もあります。
アパート経営のように建物をたてるのは初期投資も必要になりますし、いざというときにすぐに土地を動かせなくなります。
そこで更地のままでできる月極め駐車場や時間貸し駐車場にすることを検討しましょう。
立地によって駐車場のニーズは異なりますので、どのような経営手法が向いているのかを選択しましょう。
いずれにしても、自ら管理をすると契約や施設の維持の責任など様々な心配事が付きまといます。
ノウハウを十分に持ち合わせている業者に任せてしまい、後はオーナーとして月々の収入を受けとるだけにするのが安心でしょう。
その物件のあるところや今後の計画に根差した長期の計画を立てるようにしましょう。

不動産の節税は余すことなく活用しましょう。

よく不動産投資を持ちかけられるときに、節税にいいといわれていますが、これには若干の落とし穴があります。
本来1000万の税金を納める際に、アパートなどを購入して投資をすればそれがマイナスとなって、確かに節税につながりますが、その投資で利益を出すと結局は余計に税金がかかりますから、それほど効果はないようです。
ですから、正しい知識を以て不動産の節税方法を考える事をおすすめしたいです。
まず節税の基本は2つあって、一つは利益そのものを減らして、節税を図ることで最初に述べたことがその一種です。
具体的には、不動産の為に投資をすることで、会社を運営しているならパソコンや不動産に関する本などのものも必要経費として認められるケースがあります。
メリットは、単に節税できるだけでなく、経費をしっかりと意識できるようになるのが大きな強みでしょう。
次は、利益を減らすということです。
よくスーパーやデパートが、借金をして新たな出店をしていることがありますが、まさにそれがそうで、例えば土地を売る際に、単に売るのではなく同時に家を建て替えたりしていくと節税につながります。
もっと細かい方法で見れば、交際費や光熱費や水道利用料でも可能になります。
管理会社や不動産会社の人との飲食代も交際費として計上できますから、夫婦で行けば結果的に夕飯代が浮く事になりますし、情報交換という名目で、その現場にいったついでに旅行までできます。
他にも、賃貸マンションで住んで車を利用していれば、賃貸料金の一部やガソリン代まで経費にできます。
また、申告でも節税ができます。
青色申告はその年の赤字を翌年以降に繰り越すことができるだけでなく、他の所得と相殺ができますし、10万円の特別控除が得られるというメリットが存在します。
次に配偶者を青色事業専従者にする方法で、一人ひとり税金を払う対象にすることによって、金額が大きすぎる事による税率アップを防ぐことが可能になります。
そして小規模事業共済の加入も大切で、年間84万円まで積み立てられますが、この掛け金が控除できるので、預金を積み立てるくらいならば、この制度を活用して経費化したほうが利口です。
この様に、土地の売買などは数多くの税金がかかります。
その代わりにそうした節税手段は多数あるので余すところなく活用しましょう。
これは脱法行為ではなく、様々な分野に投資したり消費をしていますから、世の中のために役に立っていますので、安心して節税してください。

遺産相続による不動産の位置づけを知ろう

現金の遺産相続はそれほど難しくはありません。
その続柄に対しての割合で相続税を払った後で分けるだけでいいからです。
例えば対等な条件で3人で3000万円を分けるならば、一人1000万円ということになります。
しかし、不動産はそうもいかないはずです。
売ってお金にするという手段もありますが、その家に相続人の1人が住んでいたりすればもめるでしょうし、築年数によっての減価等があるのではと、様々なもめごとになるのは明白で、今回は遺産相続に夜不動産を見ていこうと思います。
こうしたもめごとだけでなく、そもそも遺産分割による不動産の評価額は相続人全員が納得さえすれば、いかに評価をしてもいいことになっているのが大きなポイントです。
基本は、市場で取引されている価格や時価の中心を狙うのですが、これ自体動きが激しいという側面があります。
基本は査定の業者にお任せするのが基本ですが、これもトラブルが起こりえます。
それは、全員でやらない場合で、Aさんだけが査定をお願いした場合後にAさんだけに有利な査定をしているなんてことがあって、トラブルの原因になりえるからです。
ですから査定の際は全員で納得のできる業者さんにお任せするのが大きな前提になります。
評価額にも4つの種類があって、実勢価格・公示価格・路線価格・固定資産税評価額の4つがあります。
特に相続に抑えておくといいのが、実勢価格と路線価格で、この二つの中心前後で評価がなされることが多数です。
実勢価格は、実際に市場で取引をされている価格で、土地なら地図に一坪当たりの値段が表記されていることがあります。
不動産会社が利益を出す必要があるので、若干公示価格より高いのが特徴で、その他にも相場変動が激しい時期などによって変動することがあります。
路線価格は相続税を計算する際に、宅地の評価額を基準として7月頃に公開しますが、道路の値段を基準に評価額が計算されます。
基本的に商売を考慮に入れていないので、大体公示価格の8割くらいになるといわれていますが、地方都市ですと購入者が少ない場合があって、路線価よりも時価が低いこともままあります。
この様に相続にはしっかりとした指標が存在します。
ですから、できる限りこの4つの価格を周りの人に示しましょう。
そうすることによって、その土地や住宅の価値が確定してトラブルもなくなり、円滑な相続が完了します。
やはり家族の間でトラブルを起こすのを避けたいもので、しっかりとやっていきましょう。

広尾ガーデンヒルズの中古物件を売る前に不動産に関する税金を知って、対応しましょう

不動産には様々な税金があるので、今回はどのような税金があるのかを述べていこうと思います。
一般に有名なのは、不動産取得税と相続税・贈与税 でしょう。
まず不動産取得税は、土地や住宅の3パーセントが税金になり、また非住宅用の建物は4%になります。
つまり評価額が1000万円なら、前者が30万で後者が40万円という事です。
ただし、特例措置いうものがあって、新築住宅の取得の場合は、ある程度の大きさまでなら、1戸につき1200万円まで控除されますし、中古住宅は若干額は違いますがあります。

新築で土地2000万円で、建物2000万円ならば、土地の税金は60万円で、住宅の税金が24万円という計算になります。
次に相続税ですが、これには定額控除額の3000万円と、法定相続人が1人増えるたびに600万円の控除があります。
ですからそれらを引いた額で税金を計算する事になります。
また、贈与税にも複雑な控除がありますから、自分が該当するのかを確認したうえで、税金を納めましょう。
次に、土地の売買において土地の権利の登記は必要不可欠なものですが、それにかかる税金が登録免許税です。
不動産の所有権の権利移転の場合は評価額の1000分の20必要で、建物の登記の場合は評価額の1000分の4必要となります。
この計算をする際に、800円ならば、1000円と計算して、125852円となっている場合には、100未満の端数は切り捨てて、125000円とするのが基本になっています。

また、印紙税というのも忘れてはいけません。
これは書類などに貼り付けるもので、取引の値段によって額が変わってきます。
例えば譲渡の場合額の設定が10万円未満なら200円ですし、最大の50億円以上だと60万円必要になっています。
例えば、広尾ガーデンヒルズ等、30年前から徐々に価格が上がっているような物件に関しては注意が必要です⇒ここ数年広尾ガーデンヒルズの売却価格が上昇しております

逆に契約金額のない契約書ですと、1通につき200円となっているのも見逃せないところです。

また、売買代金による受領書の場合も若干変わっており、100万円以下で200円となっており、10億円以上で20万となっていて、土地を動かすというのは、様々な税金がかかるという事をご理解いただけたのではないのでしょうか。
このように不動産の税金はたくさん種類があって、ある程度の計算が必要です。

inbes

確かに少し難解と思われがちですが、しかし、しっかりと知りさえすれば、本当に得な売買かもわかりますし、正しい取引が出来ると思いますからしっかり理解し日々の取引に生かしてください。

不動産の物件見学で覚えておきたいこと

まずはじめに、対象を日本人に絞った場合の人生の平均引っ越し回数をご存知でしょうか。
それはおよそ3回から4回と言われています。
つまりその分不動産屋に通うこともあれば、物件やモデルルームの見学に行く機会もあるということです。
そこで今回は、物件やモデルルームの見学で覚えておきたいことをご紹介します。
たとえば既に出来上がっている建て売りの物件や中古物件の場合、内見を前提として綺麗に清掃をされていることが当たり前ではあります。
でも実は不動産もビジネスとしての面がありますから、住むことを決めてから隠されていた部分から欠陥住宅だったことに気付く場合も少なくありません。
人生でそう多くはない見学のとき、緊張や不安から見落としてしまいそうな細かい場所を意識的にチェックすることが大事になってきます。
またモデルルームの場合はイメージとして家具などが置かれていますから、あくまでも家内部の全体の雰囲気ではなく、家自体に重きをおいて見学してください。
そして重要なのは面倒だから、時間がないから、といった理由をつけて1つの場所しか見学しないといったことがないようにすることです。
自分の希望にあった物件を見つけるには、比較が大事になります。
それから徐々に実際に購入したい物件に目星を付けていき、次は時間帯で比較をしてください。
朝と夜、光の入り方で家の中の雰囲気が変わってくるというような事態も少なくないからです。
また、先に欲しいものや置きたい家具などのサイズを把握しておき、メジャーなどで実際に実現可能な配置を想像しておくというのも大事です。
最終的に分からないことがあれば、遠慮なく質問してください。
そして最後に、物件の見学の際に所持していると便利なものをご紹介します。
まず、情報がメモできるようなノートは必須です。
質問して新たに得た情報をメモしておくこともできるので便利です。
そして周辺の地図を持っておいて、実際に歩いてみるなどすると生活を始めてからのことがイメージしやすいのではないかと思います。
先程も書いたメジャー、欲しい家具のサイズをまとめた表なども所持しておくと同じくイメージがわきやすいです。
もしも他の人が使用したものに嫌悪感を抱いてしまうようなら、物件の中で履くスリッパも自分で用意しておいたほうが賢明です。
ここまで注意点や持ち物について記載してきましたが、実際に物件を見学する際はじっくりと時間を使って、冷静に考えることを大事にしてください。